「海底3万マイル」観ました。の巻

b0021742_23474034.jpg























b0021742_2348973.jpg

























「海底3万マイル」観ました。
あーなつかしーい。

「東映マンガまつり」というアニメシリーズの作品なのですが
僕はアニメはそんなに好きではないのですが
子供のころはじめてみたアニメ映画なのです。
そしてその映画の主題歌が好きになり
初めてレコードを買ったのです。
だから非常に思い入れが強い作品なのです。

この作品を懐かしくて観たのですが
38年前の作品なのですが
今のアニメのレベルとあまり変わりがないのに
まずビックリしました。

この「海底3万マイル」の主人公のイサム少年が好きで
マンガを描いていました。
この映画の原作は石森章太郎先生で
サイボーグ009を描いていたころです。

この「海底3万マイル」のキャラクターや作品のタッチが
のちのジブリ作品、特に宮崎作品のキャラクターに影響を与えます。

「未来少年コナン」などはイサムそのものです。
宮崎作品は石森章太郎の影響を受けています。

「東映マンガまつり」の作品「空飛ぶゆうれい船」にはジブリの宮崎さんが
関わっている作品です。

僕はジブリ作品の元は実はこの「東映マンガまつり」にあると
思っています。
若き日の宮崎さんは「東映マンガまつり」のアニメに関わることにより
より作品の製作方法が確立していったのだと思います。

まあ子供の頃観たアニメって結構心の中に残っているものですね。
歌も結構いいですよ。

「海底3万マイル」のイサムと「未来少年コナン」が
似ていると思ったのはたぶん僕だけではないと思います。

といっても僕はアニメに興味があまりないので
残念ながらオタクではありません。

でも漫画家を目指していなかったらもっと素直にアニメやマンガを
観ていたのだろうと思います。

自分の好きなことを職業にするのは......あまりお勧めできませんね。

音楽も最近素直に聞けなくなっているのはちょっとヤバイかもね。
[PR]
by pinokio555 | 2008-05-03 23:49 | 漫画


<< 散々なゴールデンウィークの巻 NEXT MUSICにも新曲配... >>